top of page

5月の和法活法整体

5月も下旬に差し掛かろうとしていますが、セルフケアできる「5月の整体法」をお伝えします。


春になり緩み気味だった骨盤は、今度は引き締まろうとしますが、この時期は胸椎11番の反応が敏感になります。

胸椎11番は、内分泌系と関わりが深く、アレルギー反応等の抑制に関与します。

胸椎11番の柔軟性が低くなるとストレスに対応できにくくなり、いわゆる「5月病」など心身の不調に繋がることもあります。


本日は、胸椎11番の動きをよくする整体として経穴の「曲池」を取り上げます。

場所は、肘を深く曲げてできるしわの一番外側です。

ツボ押しは、ここを指で押したりしますが、整体法では、掌で包み込むようにして触れる程度に置き、掌で呼吸する感じで

ゆっくりと鼻から吸って口から吐いて呼吸します。

曲池が温かくなり、うまくいけば鳩尾、背中の真ん中、胸椎11番辺りも温かくなります。

最初は上手くいきませんが、寝る前等にゆっくり行うのがポイントです。


Comments


bottom of page